暗唱で磨かれた力

こんにちは。
七田式大垣教室の深草です。
ご覧いただきありがとうございます。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
良質な教科書を
すっかり暗記してしまうまで
音読や暗唱をさせましょう。

すると単なる記憶にとどまらず
その過程で頭の深い学習回路を
開いてしまいます。

すると以後の学習が一変します。
(中略)
このように、学習の基本は
暗記です。

ただしそれで終わってはいけない
ことを念のために申しておきます。

暗記を基本としてそのパワーをもとに
新しい道を発見していくことこそ
真に求めるべき教育のあり方です。

*-*-*-*-*-*-*-*-*
七田眞の人間学
「いかに生きるか」 より
20160412185303343.jpeg

大垣教室でも
小さなころから名文の暗唱を
つみ重ね

小学生では高速暗唱を
日常的に続けている
子供がたくさんいます。

彼らの共通点は
一度見聞きしたことを
すぐに覚えることができ
考える力が備わり
学ぶことが大好きです。

表現することも上手です。

脳の質がちがうなぁ
と感心させられます。

はじめから特別な子供なのではなく
鍛錬によって特別な脳を手に入れることが
できるのです。