塩梅よく行きましょう!

こんにちは。
七田式大垣教室の深草です。

今日は1年生のあるお母様から
宿題プリントについて、ご相談を受けました。

自分でスイスイできる楽しい
あたりをコツコツすすめて
いい状態でした。

4月は下校も早く、学校からの
宿題もすぐに終わってしまう位
でしたので

お母様はこれまでの倍の量 
取り組むことに決め
お子さんも、まぁ楽しくできていたそうです。

①時間帯を2回に分けて行うこと
②本人が「No」といったら
すぐに以前のペースに戻すこと

をお約束していただき過ごしました。

連休明けの様子を伺いますと
お子さんは「以前の量がいい」
と言っているそうです。

ここでお母様は
「しかし、まだ宿題の量が少しですし
時間もあるし、2学期までにもう少し
(進度を)かせぎたい」 との
ご相談でした。

お母様のお気持ち
よーくわかります!

大人の感覚なら大抵は
「ここで ガッとやって…」
となります。

しかし、1年生のお子さんが
学校でどれだけ神経を使っているか
を思うと、その緊張を開放できる
時間が必要です。

特にこのお子さんの場合
集団生活に対する
ストレスが多めのお子さん
ですからなおさらです。

お子さんの状態を見て
腹八分にする。

そして外遊びで体を大きく
動かすのもお忘れなく!