周りの人に配慮ができるという事

こんにちは。
七田式大垣教室の深草です。

小学1年生クラスから嬉しい話を
聞けました。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
ある男の子が、忘れ物をしました。
彼は先生に
「忘れました。貸してください。」と
いわなければなりません。

先生は雰囲気で気づいていましたが
彼がどうするのか、見守りました。

なぜか。

今は、お友達の発表の最中だからです。

彼はその発表が終わるのを待ち
先生のコメントが終わるのも待ち
遠慮がちに「忘れました。貸してください。」
と言えたそうです。

忘れ物をして少しうしろめたい
気持ちの中、状況を把握し
待てた

という事実が、小学校1年生にとっては
すばらしいことだと感じました。

空気を読む力
人と人との付き合いで
とても大切です。