「理想」より「自然体」のお母さん♡ ①

こんにちは。
七田式大垣教室の深草です。

もう何日、お日さまを見ていないでしょうか
重い空が広がる毎日です。

今日はのんびりと、おいしいお茶を
いただきながら週末に予定している
保護者会の予習をしています。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜
子供が非常に素直で日常生活を
上手にくらしていて、どんどん成長していて
「自分はいい子育てをしているわ」と
思っているお母さんがいます。

一方で、なかなか「理想のお母さん」に
なりきれず、思わず声を上げて我が子を
叱ってしまうお母さんもいます。

つい腹が立って叱るときにマイナスな
言葉をかけてしまこともあるでしょう。

すると、そんなお母さんは
「私はなんてつまらない母親だろう。
子供をうまく育てられない・・・」と

落ち込んでしまいます。

ですが、どちらがいいかというと
後者のお母さんのほうがいい。

つまり「自分」を遠慮なく演じている
お母さんがいいのです。

腹を立てるところは腹を立て
叱るときは叱るお母さんの家庭では
子供はそういうお母さんを見て
ごく自然に「バランス感覚」を
育てていくのです。

20160310193707ce7.jpeg