理解力を培う③

こんにちは。
七田式大垣教室です。

3日連続のテーマ、最終日です。

【理解力につながる聞く力】
2~3歳で差がつく「きちんと聞ける力」
の育て方をお話ししています。

この頃の子供は
「なんで?」「どうして?」を連発します。
この質問にはできる限り応えて
いくのがいいのですが。。。

③静かにしなければいけない場所、時
には、「今はお話をしてはいけないよ」
の合図をおくりましょう。


合図は、口の前に人差し指をたてる
「し~っ」などがいいですね。
※ママも声を出さないのがコツ 

このようなこと、心当たりはありませんか?
ママにも「今ここではお話はダメ」という
認識がありながら、

ママ:「お話してはダメよ!」
子:「○○○○○○!」
ママ:「だから静かにしてね。」

子:「○○○○○○!」
このように、実際には二人ともが
話し続けてしまっているケースがあるのです。

本当に 静かにして と伝えたいなら
ママが口を閉じなければなりません。

子供はダメと言われながらも
話せてしまう状況下にあり
結局、学べずにおわってしまいます。

話してはいけない時に
話すことをガマンでき
聞かなければいけない時に
聞ける行動をとれれば
聞いて理解する力を伸ばせます!

2~3歳のうちから、状況に合わせて
行動できるように
大人が環境づくりをしていきたいものですね。