「認める」を実験する

~先日の講演会レポート~

出席者全員で
とてもおもしろい実験をしました。

①「ピンク色の象」のイラストを
しばらく見つめます


②そのイラストを隠したのち15秒間
「ピンクの象」のことだけは
考えずにいましょう

出席者の中で「ピンクの象」を
思い浮かべずにいた方はどれくらい
いたでしょうか?

0人でした

これは有名な
1985年に心理学のダニエル・ウェグナー教授が
トリニティ大学(テキサス州サンアントニオ)
で行った「シロクマ」の実験の応用です。

ウェグナーは
頭から追い払おうとすると
ブーメランのように戻ってくる
この現象を
「皮肉なリバウンド効果」と呼びました。

認めない(否ばかりみてしまう)
禁止されると
そのことばかり考えてしまう

つまりマイナスを気にしていると
その他のプラスの部分が見えなくなってしまう。
子供のマイナスに見える部分も含め
「あるがまま」を認める事が大切ですね。

20170227145330e10.jpg