感謝の気持ちを伝える機会づくり

お子さんの良いところを
いくつか挙げてみると
どれくらい出てきますか?

出てきたことを言葉にして
日常的にお子さんに伝えていきましょう。

何かができたこと以上に
お子さんの本質的なところを
ほめることで、

自己肯定感も育っていきます。

そしてお子さんがすぐにできるような
頼み事をして

「ありがとう」
をたくさん伝えられる
機会を増やしていきましょう。