身体もこころもアタマもどんどん成長しています。

 

こんにちは。七田式大垣教室の深草です。

しとしと雨からザーザー雨に変わった一日、子供たちからこんな素敵な言葉を聞けました。

「雨だとさー、カエルがよろこぶにー。」

「うん。カタツムリも元気になるしねー。」

 

あじさいや、田んぼの稲・麦も大喜びですよね!

 

6日は「芒種」でしたので、そのような会話も弾みました。

目で、耳で、肌で感じる季節感を二十四節気という言葉で表現できる日本語って、本当に素敵だと思います。(注:もとは古代中国より伝わったもの)

小学生では二十四節気をさらに細かく分けた「七十二候」に触れています。

こちらはまさに 漢詩の世界でして、幼いころから多くの漢詩に触れている七田っ子にはすんなりと入っているようです^-^

「芒種」のころは

蟷螂小生(かまきり しょうず」

腐草蛍(くされたる くさ ほたると なる)

梅子黄(うめのみ きばむ)

 に分けられます。

 

歌で触れ、レッスンではこれまた美しい情景の画像を観て

知識だけに留まらず こころ でたくさん感じている様子をみると、講師の私たちも嬉しくなります!

 

さて、こちらは0歳さんのクラス

楽しくレッスンが進んでいます。

ママと一緒に

つかむ・つまむ に夢中でカワイイです^-^

そして何より毎週の成長が凄まじいです!!